当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【今日からはじめる】海外大学進学を成功させる留学準備【後悔しないために】

この記事は、

smile globe

海外の大学に進学したいけど、どんな準備をすれば良いのかな?

と疑問に思っている人のための記事です。この記事を読むと

海外大学への進学を成功に導く留学準備

がわかります。

海外の大学は日本の大学のように、最後の追い込みで一発逆転をして合格できるというようなシステムではありません。

また、海外の大学の授業は参加型の授業となるため、受身型の授業に慣れている日本人は双方向型の授業に「英語で」ついていけるような準備をしてしておく必要もあります。

後悔のない海外大学への進学をしたい人は、この記事を参考に「海外大学進学を成功に導く留学準備」を今日から始めましょう!

この記事でわかることとおすすめの人

この記事でわかること

海外の大学に進学するために、事前に準備しておくべきこと

海外大学に進学後の大学生活を成功させるために準備しておくべきこと

この記事がおすすめの人

海外の大学に進学や留学をする予定の人

海外の大学への進学や留学に興味がある人

海外大学進学に必要な留学準備

結論から言うと、海外の大学への進学を成功に導くために必要な準備は、以下の4つになります。

早い時期からの情報収集

高校で良い成績をとる

英語力

学習スキル

以下、順番に解説します。

早い時期からの情報収集

海外の大学への進学において、早い時期からの情報収集は必須になります。

例えば、ヨーロッパやイギリス系の大学場合学士課程はもちろんのこと、大学進学準備過程であるファウンデーションコースであっても高校で専攻分野に関連する科目を履修しておく必要がありますが、このことを知らないと希望する学部への出願すら難しくなってしまいます。

英国UPC(UCLのファンデーションコース)の成績要件の例

英国UPC(UCLのファンデーションコース)の成績要件
UPC:Academic requirements by country

また、以下はマラヤ大学のコンピューターサイエンス系学部の例ですが、成績が平均4.5以上必要などと、同じ大学でも学部によって厳しい成績要件が設定されていることもあります。

マラヤ大学留学生向けコンピューターサイエンス系学部の成績要件の例

マラヤ大学留学生向けコンピューターサイエンス系学部の成績要件
マレーシアマラヤ大学コンピューターサイエンス学部の募集要項の例

他にも、建築やアート系の学部の場合はポートフォリオの提出が必要で、その形式は大学ごとに異なるなど、出願するにあたって長い時間をかけた準備が必要になります。

こういった情報は自分で集めても良いのですが、海外大学の募集要項はサイト自体が英語であったりとなかなか骨の折れる作業です。

そのため、英語の勉強などが忙しく情報収集にあまり時間をかけたくない場合は、留学エージェントを利用すると効率的に情報を集めることができます。

留学エージェントは留学に関するアドバイスだけでなく、無料の留学セミナーや、学校見学、長期休暇を利用した短期留学などのサポートもしてくれるためとても頼りになります。

奨学金などの情報についても詳しいので、特に理由がなければ一度問い合わせてみることをおすすめします。

以下はカウンセリングが無料の留学エージェントですが、公式サイトでは留学関連の情報を多く発信しているので、ぜひ情報収集にも役立ててください。

なお、留学エージェントは相性や得意分野があるので、いくつか相談して自分のニーズにあったところを選ぶことをおすすめします。

留学情報館
海外大学進学を目指す人にイチオシ

ラストリゾート
留学に役立つ情報満載の資料が無料

スクールウィズ
英語学習サポートが充実

名門校狙いの場合

世界大学ランキングで上位のいわゆるトップ校の場合、語学力や学校の成績だけではない戦略的な対策が必要になります。

ライバルは世界中の優秀な生徒達になるので、名門校狙いの場合はトップ校への進学対策に熟知したアドバイザーのサポートを受けながらの準備が必須です。

留学エージェントは数多くあるものの、名門校進学に特化したサポートを総合的に行なっているところはあまり多くはありません。

そんな中、LIBERTYでは英語資格の指導と合わせて、海外トップ大学への進学に特化した留学サポートも行なっています。

名門校狙いの場合は、ぜひ語学力対策と合わせた総合的なカウンセリング受けてみてください。

》20年間培ったノウハウで海外名門校への留学サポート【LIBERTY】

高校で良い成績をとる

海外大学の入試は日本の大学入試のような一発勝負の筆記試験ではなく、書類選考を軸に合否が決まります。

日本の大学でいうところの総合型入試のようなイメージになるのですが、海外大学の入試選考では特に高校の成績が重要になります。

マラヤ大学留学生向け募集要項の例

マラヤ大学留学生向け募集要項
マレーシアマラヤ大学の募集要項の例

通常、大学側は募集要項に最低限必要な高校の成績を明記しており、成績が基準に満たない場合はほぼ不合格、または選考からはじかれることになります。

そのため、高いお金を払って予備校や塾に通う必要はありませんが、高校の提出物や定期テストはしっかりと取り組むように心がけ良い評価がもらえるように努めます。

もし学校の勉強でわからない部分があった場合は、スポット的にわからない問題を質問することができるココナラやオンライン家庭教師などを利用して、取りこぼしのない学習をしておきましょう。

ちなみに大学受験を対象としたオンライン家庭教師は簡単に見つかるのですが、高校の成績をアップする目的だと以下のふたつが料金も抑えめでおすすめです。

海外の大学は、基準以下の成績では合格するのが難しい反面、超名門校を除くと基準以上の成績があれば合格できる確率がとても高くなります。

日々の学習を着実に積み上げて、希望する海外大学に合格できるような準備をしておきましょう!

英語関連の準備について

あたり前のことのように聞こえるかもしれないのですが、海外の大学に進学する場合、英語力は必須です。

海外大学への進学を成功させるためには、大きく分けて以下の2系統の英語学習をする必要があります。

IELTSなど、英語力の証明をするための資格試験対策

双方向型の海外大学の授業についていけるようにするための英語学習

以下順に解説していきます。

IELTSやTOEFLなどの資格試験対策

海外の大学に出願する際は、「IELTS」や「TOEFL」などのスコアにより英語力が一定以上あることを証明する必要があります。

求められる英語力は大学や学部によって異なりますが、いずれにしてもIELTS5.5~7.0程度の高い英語力が必要になります。

願書提出時に英語の資格のスコアが大学側が求めるレベルに達していない場合、入学までに規定のスコアを取得するか、場合によっては大学入学前に英語コースに半年〜1年間程度通うなどの条件付き合格となる場合があります。

また、学生ビザを申請する時にも国として英語力の最低ラインを定めていたり、条件の良い奨学金に応募する際も高い英語力が必要になるなど「IELTS」や「TOEFL」などの英語資格のスコアはさまざまな場面で必要になります。

イギリスの学生ビザ取得に必要な英語力の例

イギリスの学生ビザ取得に必要な英語力
英国で学生ビザ取得のために定められてる英語力の例(Student visa

「IELTS」や「TOEFL」などの対策は独学で行うこともできますが、おすすめなのは無駄のないカリキュラムで学習をできる英語資格対策講座の利用です。

英語資格の対策講座はとてもたくさんあるのですが、Liberty EnglishではIELTS対策講座のほかに海外大受験コースも提供されています。

無料でカウンセリングを受けることができるので、海外大学進学にあたり総合的なサポートを受けたい場合はぜひ相談してみてください。

独学による対策

「IELTS」や「TOEFL」などの勉強にあまりお金をかけたくない場合は独学で英語試験対策をすることになりますが、独学の場合でもスピーキングやライティングなどのアウトプット系の学習については指導を受ける必要があります

アウトプット系の学習は個別指導になってしまうので費用が嵩みがちなのですが、比較的コスパ良く指導を受けられるのは、もともとの料金設定がリーズナブルなオンライン英会話です。

オンライン英会話はIELTSやTOEFLなどの資格試験対策は行なっていないもの多いのですが、以下に「IELTS」や「TOEFL」向けのカリキュラムが提供されているものをピックアップしました。

すべて無料体験ができるのでぜひ比較して、コスパの良い資格試験対策に役立ててください。


QQ English ベストティーチャー キャンブリー
詳細を見る QQEnglish bestteacher cambly
対応資格 IELTS Speaking IELTS・TOEFL IELTS・TOEFL
無料体験 試してみる 試してみる 試してみる

海外大学進学・留学を成功させるための英語の学習

海外の大学に進学後に必要になる英語力とは

専門用語を含む英語を聞き取ることができる

一定のスピード以上で英文を読むことができる

考えていることを会話、または文章で表現する

といったことを、大学の授業でも使いこなせるレベルになります。

このレベルの英語の場合、大学に入学するために必要な「IELTS」や「TOEFL」の最低スコア程度では授業についていくのがかなり厳しくなります。

海外の大学に進学後の学習を円滑に進めるためには、専攻に関連した語彙を増やすとともに、英語のディスカッションやプレゼンテーションで自分の考えを述べる訓練をしておかなくてはなりません。

海外の大学は、レポートや論文などのアウトプットした成果物の出来栄えが成績に直結します。

そして、充分な成績が取れない場合は留年や退学という結果で留学が終わることもあります。

海外大学への留学を成功に導くために、ぜひ資格取得のためだけではない英語力も身につけておいてください。

ちなみにインプット系の学習はインターネット上にある無料教材を利用しても良いのですが

がクオリティの高い学習を効率よく進めることができるのでおすすめです。

また、ディスカッションなどの練習はIELTSやTOEFLのスピーキング対策同様、オンライン英会話を利用するとコスパよく実力をつけていくことができます。

なおオンライン英会話を利用する際は、ややレベルの高い以下の教材を利用すると良いでしょう。

特にキャンブリーはネイティブ講師の指導になるので、英語中級者以上の表現力や語彙力のアップにおすすめです。


キャンブリー QQ English ネイティブキャンプ
詳細を見る cambly QQEnglish nativecamp
推奨教材 自己表現
スピーキングの練習
トピックカンバセーション 5分間ディスカッション
トピックトーク
無料体験 試してみる 試してみる 試してみる

アカデミックライティングについて

海外の大学では、いわゆる英語力だけでない、学術的な文章を作成するための知識も必要になります。

エッセイや論文のテーマの設定や方法や情報収集に始まり、引用、英語や文章のフォーマットといった、いわゆる「アカデミックライティング」については無料で学べる講座を以下の記事で紹介しています。

基本的に英語の講座になるので、英語力が一定以上になったと感じた時点で受講しておくと良いでしょう。

海外大学で必要な学習スキル

海外の大学は受身型の日本の教育と違い、プレゼンテーションやディスカッションといった双方向型の学習があるため、物事の本質を捉え、論理的に考察し、自分の考えを明確にし、表現するといった技能が必要になります。

また、課題が多いため効率の良い学習方法も知っておかなければなりません。

こういったスキルは渡航前に身につけておくと、海外での大学生活をスムーズに進めることができます。

以下の記事では、海外の大学で求められる学習スキルを無料で学べる講座を紹介しているので、留学準備にお役立てください。

まとめ

海外大学への進学は、早くから成績や英語の対策をしておくことにより、合格を狙える大学や、より条件の良い奨学金をもらえるチャンスが増えていきます。

また、渡航前にどれだけしっかりと準備をしたかによって、大学生活や成績などが大きく変わります。

出願時に希望する大学を諦めざるを得なかった、または授業についていけず留学が継続できなかったというような事態が起きないように、ぜひ今日から海外大学進学への準備をスタートしてください。

関連記事