当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

マレーシアの大学で英国やアメリカの学位が取得できる〜TNEプログラム〜

マレーシアでは国をまたいだ大学間で学位を取得することができる「TNE(Transnational education)」と呼ばれるプログラムが数多く提供されています。

マレーシア国内の大学に進学しTNEプログラムを利用するメリットは、留学費用が高い欧米諸国の大学の学位をマレーシアの物価水準で取得できる点です。

この記事ではTNEの概要と、「マレーシアにある海外大学の分校」や「海外大学とマレーシアの国内大学間の提携プログラム」、「単位互換協定」などについて解説します。

smile globe

マレーシアの大学に進学したい人や、欧米大学の学位が欲しいけれども費用面で悩んでいる人におすすめです!

この記事でわかることとおすすめの人

この記事でわかること

TNE(Transnational education)の概要

マレーシア国内の大学で選ぶことができる海外大学のコースについて

アメリカなど欧米諸国の大学への編入が可能な単位互換プログラムについて

この記事がおすすめの人

学費を抑えてイギリスやアメリカなど、欧米大学のカリキュラムで学びたい人

マレーシアの大学に進学してイギリスやオーストラリアなどの大学の学位を取得したい人

マレーシアの大学に進学したい人

イギリスやアメリカの大学に進学したいけれども学費が高くて悩んでいる人

Best Teacherの無料体験レッスンを受けてみる

TNE(Transnational education)プログラムとは

TNEプログラムとは、海外の大学から提供、または共同開発されたコースで学ぶことで海外大学の学位を取得することができるプログラムです。

TNEプログラムは「クロスボーダーエデュケーション」などと呼ばれることもあり、学位やカリキュラムの提供元は、イギリス、アメリカ、オーストラリア、フランス、ドイツなどのいわゆる欧米諸国により行われています。

そして、実際に分校やコースが設置されているのは中国やマレーシア、香港、アラブ首長国連邦などの国々となっています。

TNE概要
提供元は欧米諸国、提供先はアジアなどの国々

マレーシアでTNEコースを学ぶメリット

マレーシアの大学に進学してTNEのコースで学ぶメリットは、以下のようになります。

学費が高い欧米諸国の大学のコースを、マレーシアの物価水準で学べる

英国やオーストラリアなどの大学の学位を取得できる

デュアルディグリーコースでは、マレーシア国内大と海外大学のそれぞれから学位の証書が与えられる

マレーシアのTNEプログラムの種類

マレーシアで提供されているTNEのコースは、通信制の遠隔コースなども含めると、非常に多くの種類があります。

コースごとに若干の違いはありますが、TNEプログラムの基本的な形を大きく分類すると以下のようになります。

海外大学の分校

マレーシア国内にある海外大学の分校。

(例:モナシュ大学など)

フランチャイズ・デュアルアワード

マレーシア国内で英国やオーストラリアの大学のコースの全過程を学ぶ。デュアルディグリーでは国内外の大学からそれぞれ証書(学位記)が与えられる。

(例:「3+0」や「4+0」など)

海外大学との共同プログラム

海外大学とマレーシアの大学が共同で開発したコース。
ツイニングは課程の後半を海外の提携校で学ぶ。

(例:ツイニング「1+2」「2+1」など)

協定校・単位互換

マレーシア国内の大学で取得した単位や学位を互換し、協定を結んでいる海外大学の2年〜3年時に編入。

(例:ADPやアドバンスドスタンディングなど)

(参考:TRANSNATIONAL EDUCATION〜ブリティッシュカウンシル)

以下順に詳細を解説していきます。

海外大学の分校

1998年にオーストラリアのモナシュ大学の分校が設置されたのを皮切りに、2023年現在マレーシアには海外大学の分校は10校あります。

LIST OF PRIVATE HEI REGISTRATION AND STATISTICS PHEI Statistics(MOHE)

(参考::LIST OF PRIVATE HEI REGISTRATION AND STATISTICS PHEI Statistics(MOHE)より)

マレーシアにある海外大学の分校で提供されるコースは、基本的に海外の本校側が中心となりカリキュラムの開発や設計を行います。

そして、コースの質については海外本校がある国の「アクレディテーション(認可)」機構だけでなく、マレーシア政府系のアクレディテーション機関からもモニターされています。

そのため、イギリスやオーストラリアのような学費が高い国のカリキュラムで学び、学位も欲しい学生にとっては経済面でのメリットがとても大きいプログラムになります。

またモナシュ大学のGlobal Intercampus Programように、学費の上乗せをせずに海外にある本校で一定期間学ぶことができるプログラムを提供するなど、海外大学の分校であるからこそのメリットを享受できます。

海外大学の分校の特徴

英国やオーストラリアなどの欧米大学と同じカリキュラムで学べる

欧米の大学の学位が取得できる

コースの選択肢が豊富

海外大学の分校であるからこそのメリットが享受できるプログラムが提供されている

マレーシアにある海外大学の分校一覧

以下はマレーシアにある海外大学の分校の一覧になります。

世界的な評価が高いコースも提供されている

海外の大学についてはいわゆる大学のレベルが把握しづらいのですが、この10校のうちQS世界大学ランキングで分野別評価で上位にランクインしている大学も複数あります。

例を挙げると、薬学と薬理学分野においてモナシュ大学が世界2位、ノッティンガム大学は8位、看護学分野においてはサザンプトン大学が世界6位にランクインしています。

世界大学ランキング
参考:QS World University Rankings by Subject 2023: Pharmacy & Pharmacology
世界大学ランキング
参考:QS World University Rankings by Subject 2023: Nursing

日本国内で同等レベルの大学に合格しようと思うと相当な受験勉強が必要になりますが、海外大学の分校も含むマレーシアの大学は、基本的に高校の成績と英語力で合否が決まるので、勉強は好きだけれども受験勉強はつまらないと感じている学生にもおすすめです。

「3+0」・「4+0」(フランチャイズ)プログラムについて

「3+0」は、コースの全ての課程をマレーシア国内の大学で学び、イギリスやオーストラリア、「4+0」ではアメリカの提携先大学の学位を取得することができるプログラムです。

フランチャイズ系プログラムの教育の質やカリキュラムは海外側の大学主導で管理されますが、マレーシア政府の資格管理機構であるMQAからもコースのアクレディテーション(認可)も受けています。

なお、学位は海外の大学からの授与が基本ですが、海外の大学とマレーシア国内の大学の両方から証書(学位記)が与えられる「デュアル(アワード)ディグリー」と呼ばれるコースも存在しています。

フランチャイズプログラムの特徴

コースの全課程をマレーシア国内の大学で学ぶことができる

海外の本校と同等のカリキュラムで学べる

「デュアルアワード」では海外とマレーシアの大学のそれぞれから証書が与えられる

コースはマレーシア政府資格機構「MQA」からの承認も受けている

「3+0」や「4+0」コースを選択できる大学の例

参考までに「3+0」や「4+0」コースを受けられる大学と、提供元の大学をいくつか紹介しておこうと思います。

イギリスやオーストラリアだけでなく、フランスやアメリカの大学の学位が取れるコースなど、選択肢は幅広いです。

3+0や4+0がある大学の例を見る

TAYLOR’S University

University of Technology Sydney(オーストラリア)

University of the West of England Bristol(英国)

University of South Australia(オーストラリア)

Universite de Toulouse Le Mirail, (フランス)

UCSI University

University Of Northumbria(英国)

University Of Derby(英国)

Sunway University

University Of Technology(オーストラリア)

Lancaster University(英国)

Asia Pacific University Of Technology And Innovation

Staffordshire University(英国)

Lincoln University College

Hertfordshire University(英国)

SEGi University

University of Sunderland(英国)

Troy University(米国)

INTI International University

University of Hertfordshire(英国)

Coventry University(英国)

University of Bradford(英国)

Southern New Hampshire University(米国)

HELP University

Charles Sturt University (CSU)(オーストラリア)

University of East London(英国)

UOW Malaysia KDU University College

Murdoch University(オーストラリア)

IMI University Centre(スイス)

University Of Northumbria(英国)

Nilai University

Oxford Brookes University(英国)

Trobe University(オーストラリア)

(参考:UK Transnational Education in Malaysia Overview ReportEducation Malaysia・各大学公式サイトより抜粋)

なお、興味がある大学の実際のコースについては大学の公式サイトで最新の情報を確認してみることをおすすめします。

ツイニング(提携)プログラムについて

「ツイニング」は、海外大学とマレーシア国内の大学の共同プログラムで、カリキュラムの前半の課程をマレーシア国内の大学で学び、後半の課程を海外の大学で学びます。

ツイニング概要

マレーシア国内の大学で学ぶ期間は1年〜2年半などコースによって様々ですが、カリキュラムの前半はマレーシア国内、後半の課程を海外の大学で学ぶという形が基本になります。

以下はツイニングのコースで見られる表記になりますが、他にも「1.5+1.5」など様々な形があります。

「1+2」:前半の1年間をマレーシア国内の大学+後半の2年間を海外の大学で学ぶ

「2+1」:前半の2年間をマレーシア国内の大学+後半の1年間を海外の大学で学ぶ

マレーシア国内の課程における単位や成績などの要件を満たす必要はありますが、後半の課程を学ぶ海外の提携先大学にほぼ確実に進学することができます。

また、基本的に学位は海外の大学から授与されますが、前半の課程を終えた時点でマレーシア国内の大学からディプロマなどの資格が与えられる場合もあります。

ツイニングは、学費を抑えつつ英国やオーストラリアの学位が取得できるだけでなく、マレーシアと提携先大学のある国の二つの国の文化を経験できるというメリットもあります。

ツイニングの後半課程を過ごす国の大学院に進学をしたい学生にもおすすめです。

提携プログラムの特徴

ツイニングではコース前半をマレーシア国内、後半を海外の大学で学ぶ

海外大学だけでなくマレーシア国内大学からディプロマ資格などを与えられるコースもある

前半の課程終了時に要件を満たせていれば、海外大学に進学できる

ツイニングコースの実例

参考までに、マレーシアのトップ私大であるテイラーズ大学とUCSI大学で提供されているツイニングプログラムのコースをいくつか紹介したいと思います。

世界大学ランキングトップ50の「The University of Queensland」と提携されているコースなどもあり、高いレベルの授業を受けたい学生にはおすすめです。

ツイニングコースの例を見る

TAYLOR’S University

Bachelor of Computer Science 2+1.5 years ~ University of Queensland

BSc Biomedical Sciences 1+2 years ~ University of Bristol

Bachelor of Communication 1.5+1.5 years ~ The University of Queensland

Bachelor of Engineering (Hons) (Chemical) 2+2 years ~The University of Adeleide など多数

UCSI University

Bachelor of Science (Hons) in Biotechnology 1.5+1.5 ~The University of Queensland

Bachelor of Arts (Hons) Accounting and Finance 2+1 ~ University of the West of England, Bristol

Bachelor of Arts (Hons) Multimedia Design 2+1 ~ University of Hertfordshire

Bachelor of Engineering (Hons) Mechanical Engineering 1+2 ~ University of Birmingham など多数

(参考:テイラーズ大学公式サイトUCSI大学PARTNER UNIVERSITIESより抜粋)

単位互換(American Degree Transferなど)プログラム

単位互換プログラムはマレーシア国内の大学で取得した単位を互換し、協定を結んでいる海外の大学の2〜3年時に編入することができるプログラムです。

「ADP(American Degree Transfer Program)」としてアメリカの大学を中心に発展してきた単位互換プログラムですが、昨今ではイギリスやオーストラリア、カナダなどの大学間とも協定が結ばれ、その数は300校以上になります。

一アメリカやカナダを対象としたADPプログラムでは前半の2年間で一般教養的な内容を学び、後半で専攻ごとの深い内容を学ぶという、米系の大学システムと互換性が高いカリキュラムになっています。

「ツイニング」との違いは、マレーシア国内の大学と海外の大学間で協定は結ばれているものの、アメリカなどの海外側の大学への進学は保証されていない点です。

そのため課程の後半を学ぶマレーシア国外の協定大学に進学するためには、協定先の大学側が独自に設定している基準を満たす必要があります。

「ツイニング」プログラムに比べると必ずしも希望する海外大学に進学できるとは限らない反面、頑張り次第では学位を取得できる大学や学部の選択肢が広くなるという特徴があります。

単位互換(ADP)プログラムの特徴

マレーシア国内で取得した単位と、協定を結んでいる海外大学の単位を互換できる

成績など、海外の大学側が求める要件を満たせない場合は、希望する大学に進学できないこともある

編入先の大学や学部の選択肢が多い

American Degree Transfer Programの例

ADPは特定の大学との提携ではないこともあり、編入先大学の選択肢がとても多いです。

ADPプログラムのコースを設けているマレーシアの国内大学では、ADPの紹介や協定先の大学を公開しています。

以下はADPプログラムを提供している大学の例になるので、興味がある方は参考にしてください。

ADPがある大学の例を見る

Sunway University

ADP概要:Centre for American Education
コースカタログ:American Degree Transfer Program
編入先大学:Equivalency Table

Inti University

概要:American Degree Transfer Program
カタログダウンロード:American Degree Transfer Program

ディプロマ学位から学士取得コースへの編入も可能

TNEプログラムにはここまでに紹介した学士課程を分割したタイプのほかにも、ディプロマコースで取得した単位や学位を使って欧米の大学の2〜3年時に編入するという方法もあります。

いわゆる「Advanced Standing」と呼ばれるこの方式も、マレーシアの高等教育機関を経由して欧米の大学の学位が取得できるルートになります。

以下はオーストラリア国立大学(Australian National University)への編入ができるディプロマコースの一例になります。

成績要件はあるものの、ディプロマ資格取得+世界トップ30であるオーストラリア国立大学への編入もできるルートはとても魅力的です。

Advanced Standing malaysia and SIngapore (Australian National University)
Advanced Standing malaysia and SIngapore (Australian National University)

ちなみにディプロマは、基本的に日本でいうところの専門学校のような教育機関から授与される学位で、マレーシアにおいては大学でもディプロマを授与するコースもあります。

ディプロマ取得コースはIELTSや高校の成績などの入学要件がゆるいため、海外大学への進学に向けて準備をしていなかった学生でも入学がしやすいです。

IELTSのスコアが足りない場合はファウンデーションコースを経て大学に進学するルートが一般的ですが、資格の取得ができないファウンデーションコースではなく、ディプロマ資格が取れるコース経由で大学に進学するのも一つの方法です。

まとめ

マレーシアはかつてイギリスの統治下にあったこともあり、欧米の教育機関との親和性が高いです。

もともとマレーシアの大学への進学を考えている人はもちろん、英米の大学に進学したいけれども予算が厳しいといったケースでもマレーシアのTNEプログラムはとても良い選択肢となるでしょう。

この記事ではTNEプログラムの基本的な形を紹介をしましたが、実際にリサーチしていくとコースによって様々な形態があることに気づくはずです。

疑問に感じた場合は大学に直接問い合わせることを推奨しますが、もし自分で問い合わせをるのが難しい場合は、留学エージェントなどに相談してみても良いかもしれません。

留学エージェントは奨学金情報なども持っていることがあるので、とても頼りになる存在です。

なお、留学エージェントは相性もあるので、もし利用するのであればいくつか相談して自分に合っているところを選ぶことをおすすめします。

以下のエージェントはカウンセリングが無料なので、ぜひ利用してみてください。

留学情報館
海外大学進学を目指す人にイチオシ

ラストリゾート
留学に役立つ情報満載の資料が無料

School With
英語学習サポートが充実

smile globe

マレーシア留学を考えているのなら、こちらの記事もおすすめです!

》【最初に読むべき】マレーシア大学進学・留学マニュアル

》【今日からはじめる】海外大学進学を成功させる留学準備【後悔しないために】

IELTS対策のおすすめ

*すべて無料体験可能

》ベストティーチャー

IELTSのスピーキングとライティング指導が受け放題

》Cambly

IELTS試験官経験者による指導

》QQ English

IELTS講座の満足度高い。講師は全員有資格者

》My Tutor

IELTS4技能対策が可能!無料個別サポートあり

》ネイティブキャンプ

トピックトークでスピーチ力アップ

》フルーツフルイングリッシュ

英文添削が2回無料体験できる

》IDIY

166円からの英文添削

》Audible

プロのナレーターが読み上げた洋書が聴き放題!30日間無料体験実施中!

関連記事