当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

マレーシア大学進学|出願プロセスと志望校合格に必要な準備

smile globe

マレーシアの大学に合格するために必要な準備、していますか?

マレーシアの大学に出願をする場合、必要な書類や要件、合格発表までのプロセスは日本の大学入試とは大きく異なります。

また、大学側が提示している要件の中には長い準備期間が必要なものもあるため、出願要件から合格までの流れはなるべく早い時期に確認しておくことが大切です。

この記事では、マレーシアの大学進学を考えている人向けに、希望する大学に合格するために必要な準備や出願の方法などについて解説していきます。

この記事でわかることとおすすめの人

この記事でわかること

マレーシアの大学に出願するために準備するべきこと

マレーシアの大学への出願プロセス

この記事がおすすめの人

志望するマレーシアの大学への進学を成功させたい人

マレーシアの大学への進学準備をしたい人

マレーシアの大学進学に興味がある人

》ネイティブキャンプのトピックトークでIELTS対策!1週間無料キャンペーン中!

マレーシアの大学に合格するために必要な準備

マレーシアの大学に合格するために大切なのことは、高校の成績を一定以上に保つことと、英語力をつけておくことです。

マレーシアの大学に合格するために必要なことのうち、英語力については期日までに指定されたIELTSのスコアを取得する、または一定期間英語コースに通うなどの方法で条件付きの仮合格をもらえる場合もあります。

ただ、あとから変えることができない高校の成績については早い段階から対策をしなければなりません。

マレーシアの大学に合格するために必要な「高校の成績」や「語学力のレベル」は大学によって異なります。

そのため、興味がある大学の出願要件は早めに確認し、計画的に対策を立てておくことをおすすめします。

なお、出願要件はほとんどの場合大学の公式サイトに掲載されています。

以下はマラヤ大学の公式サイトに掲載されているコンピューターサイエンス学部の出願に必要な要件の例ですが、IELTSのスコアが6以上、高校の成績は90%以上の評価が必要と明記されています。

マラヤ大学の出願要件
参考:マラヤ大学Entry Requirementより

ちなみに成績要件については、日本の高校のいわゆる偏差値や難易度による区別はなく、あくまでも在学している学校で得た成績で評価されます。

もし、日本の高校の成績の扱いについてよくわからないといった場合は事前に大学に問い合わせてみると良いでしょう。

マレーシアの大学への出願から合格発表までのプロセス

マレーシアの大学の入試方式

マレーシアの大学入試は、日本の大学入試にでいうところの「一般入試」ではなく、高校の成績重視の「推薦型」に近い選抜方法をとっいます。

基本的に「高校の成績」と「英語力」によって合否が判定され、大学や学部によっては「面接」や「ポートフォリオ」などを求められるといった具合にになります。

出願から合格までのプロセス

実際の出願については、ほとんどの大学で出願者用のサイトやページが設けられており、アカウントを作成して願書の提出をすることができます。

また、願書の提出や合格発表は決められた日に一斉に行われるわけではなく、出願した学生に対して随時合否が通知されるという流れが基本になります。

マラヤ大学の留学生向け出願ページ
参考:マラヤ大学の留学生向け出願ページの例

予備審査について

マレーシアの大学は、出願要件が満たされていればほとんどの場合は合格となりますが、成績証明や卒業証明書などの書類が必要になります。

そのため、正式な合格がもらえる時期は基本的に高校卒業後になりますが、高校卒業前に成績証明書や卒業見込み証明などで予備審査を受けておくことが可能です。

通っている高校によって、成績証明書や卒業(見込み)証明書を発行してくれる時期は異なりますが、できるだけ早めに予備審査を受けておくことをおすすめします。

マレーシアの大学に提出が必要な書類

大学や学部によって必要な書類は若干異なりますが、基本的に以下の書類が必要です。

願書(Application form)

英文の高校の成績証明や卒業証明書

英語力証明書(IELTS・TOEFLのスコアなどを証明できるもの)

パスポートのコピー

パスポートサイズの写真

Health Declaration Form

すべて英文の書類が必要になるので、マレーシアの大学への受験を決めた時点で「英文の成績証明」や「英文の卒業証明」が必要になることを担任の先生に伝えておくと良いでしょう。

また、学校によっては「志望理由書」や「エッセイ課題」、建築やアート系学部の場合は「ポートフォリオ作品」の提出が求められる場合があります。

英文の「志望理由書」や「エッセイ」は学校の英語の先生に監修をお願いしても良いのですが、いわゆるカレッジエッセイの監修経験がある英語話者に最終的なチェックを受ける方が無難です。

大学入試に必要になる英文エッセイの監修を頼めそうな人がいない場合は、オンラインで監修してくれるカレッジエッセイ添削サービスを利用すると良いでしょう。

》アイビーリーグレベルのカレッジエッセイ編集・添削・翻訳サービス【TopAdmit】

また、HEALTH DECLARATION FORMについてはマレーシア政府が提供する様式または準ずるものを利用をするようにします。

まとめ

smile globe

マレーシアの大学進学に必要な準備と出願手続きについて解説しました。

マレーシアの大学への出願はオンラインでできることもあり、自分で行うことは可能ではあるのですが、わからないことがあった時の問い合わせや書類も全て英語になります。

もし、出願における全ての過程を自分で行うことができればとても良い経験になり、その後の留学生活にも活かすことができるでしょう。

一方、出願は合否に直結する大事な手続きなので、少しでも不安に感じるようであれば留学エージェントの利用もおすすめです。

なお、エージェントを選ぶ際は一社だけでなくいくつか比較して自分に合っているところを選ぶようにしましょう。

以下のエージェントはカウンセリングが無料なので、ぜひ利用してみてください。

留学情報館
海外大学進学を目指す人にイチオシ

ラストリゾート
留学に役立つ情報満載の資料が無料

School With
英語学習サポートが充実

smile globe

マレーシア留学を考えているのなら、こちらの記事もおすすめです!

》【最初に読むべき】マレーシア大学進学・留学マニュアル

》【今日からはじめる】海外大学進学を成功させる留学準備【後悔しないために】

IELTS対策のおすすめ

*すべて無料体験可能

》ベストティーチャー

IELTSのスピーキングとライティング指導が受け放題

》Cambly

IELTS試験官経験者による指導

》QQ English

IELTS講座の満足度高い。講師は全員有資格者

》My Tutor

IELTS4技能対策が可能!無料個別サポートあり

》ネイティブキャンプ

トピックトークでスピーチ力アップ

》フルーツフルイングリッシュ

英文添削が2回無料体験できる

》IDIY

166円からの英文添削

》Audible

プロのナレーターが読み上げた洋書が聴き放題!30日間無料体験実施中!

関連記事