当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ベストティーチャーのIELTS対策コースの詳細とおすすめの人

この記事では

smile globe

ベストティーチャーのIELTS対策コースの詳細と、おすすめの人が知りたい


という疑問が解決できます。

ベストティーチャーはオンライン英会話教室でありながら、IDP監修のIELTS対策コースを提供しています。

ベストティーチャーのIELTS対策コースは受講回数の制限がないだけでなく、教授法や講師の質も良くIELTSを受験する人にはとてもおすすめです。

この記事ではベストティーチャーのIELTS対策コースの教材や受講方法とあわせて、どんな人におすすめするかについても、「利用者としての感想を交えながら」解説していきます。

IELTSを受験する予定の人はぜひお役立てください。

この記事でわかることとおすすめの人

この記事でわかること

ベストティーチャーの概要

ベストティーチャーのIELTS対策コースの詳細

ベストティーチャーのIELTS対策コースをおすすめする人

この記事がおすすめの人

IELTSを受験する予定の人

IELTS対策向けの教材を探している人

ベストティーチャーのIELTS対策コースに興味がある人

ベストティーチャーとは

ベストティーチャーは、「SAPIX」や「代々木ゼミナール」といった、いわゆる受験産業界におけるスペシャリストである「SAPIX YOZEMIグループ」のオンライン英会話教室です。

ベストティーチャーの特徴は、一般的なオンライン英会話教室で行われている会話特化型のカリキュラムではなく、ライティングとスピーキングをバランスよく指導する構成になっている点です。

表面的な学習になりがちな会話だけでなく、ライティングも併用することで確実に英語力を伸ばしていく教授法を採用しているのは、母体が教育事業のエキスパート団体ならではということでしょう。

ベストティーチャーのIELTS対策コースとは

教材

ベストティーチャーのIELTS対策コースでは、IDP(IELTS運営団体のひとつ)監修の独自教材が使われています。

具体的には、図表についてのエッセイライティングや、与えられたトピックについてのスピーチなどIELTS のテスト形式に倣った教材となっています。

ベストティーチャーのIELTS対策コースの教材
ライティングタスク1(アカデミック)の教材。図表問題が並ぶ。

なお、ライティングタスク1の教材についてははアカデミックとジェネラル両方の問題が提供されておりおり受験する試験のタイプに合わせた学習をすることが可能です。

ジェネラル向けのタスク1は、IELTSのライティング試験と同様に仕事や生活に関わる内容のテーマが中心です。

料金

ベストティーチャーは月額制となっており、IELTS対策コースは16,500円となります。

1日に複数回のレッスンが可能で、月間の受講回数制限はありません。

オンライン英会話教室としてはやや高額に感じるかもしれませんが、1日1回レッスンを受けた場合は1回あたりの料金は550円となり、IELTS試験対策コースとしては格安といえます。

受講の流れ

受講の流れはライティング、スピーキングともに

受講の流れ

「英文作成」→ 「添削」→「復習」→「スピーキングレッスン」

という形になります。

どちらも、「書いて」「話す」ということで同じ学習のように見えるかもしれませんが、使う教材が「ライティングセクション対策」と「スピーキングセクション対策」では異なります。

少しイメージしづらいかもしれないので、以下にライティングタスク受講の流れを例として紹介します。

ライティングタスク受講の流れ

ライティングレッスンは講師の予約をする必要なく、思い立った時に自分がやってみたいタスクを選ぶところから始まります。

ベストティーチャーでライティングタスクのレッスンを受講する手順1

タスクを選択すると内容が表示されるので、この課題に取り組みたい場合は「レッスン開始」をクリックします。

ベストティーチャーでライティングタスクのレッスンを受講する手順2

入力画面が表示されるので課題に沿った英文を入力していきます。

もし質問などがある場合は、英文作成前に講師とのやり取りをすることができますが、特にない場合はこのまま課題に取り組みます。(スピーキングタスクの課題では、何度か返信する場合もあります)

ベストティーチャーでライティングタスクのレッスンを受講する手順3

入力し終えたら「入力内容の確認」をクリックします

ベストティーチャーでライティングタスクのレッスンを受講する手順4

質問をする場合は「この返信を最後にする」にチェックを入れずに「この内容で返信」、課題の英文を提出する場合は「この返信を最後にする」にチェックを入れて課題を提出します。

ベストティーチャーでライティングタスクのレッスンを受講する手順5

講師からの添削内容は、自分が書いた英文の文法間違いやより適切な単語などが使われた文章と、訂正部分についての解説、録音された音声になります。

ベストティーチャーでライティングタスクのレッスンを受講する手順6

英文添削が終わったら、次は「ベストレ」という教材を使って復習します。

ベストティーチャーのベストレを使う手順1

具体的には以下の手法を用いた復習となり、ライティングで学んだことを確実に身につけることができる構成となっています。

ベストレの内容

Checking Correction:添削内容をもとに単語、表現方法などをまとめる

Overlapping :シャドーイングの前段階(発音やリズムのチェック)

Shadowing: シャドーイング(音声に合わせて英語を話す)

Dictation:ディクテーション(音声を聞いて文章を完成させる)

なお、ディクテーション以外のセクションでは以下のような画面構となっており、記録しておきたいことが書き込めます。

ベストティーチャーのベストレを使う手順2
Checking collectionの画面。左側がノート、右が復習内容

ディクテーションは穴埋め式で音声に当てはまる文字を記入する画面構成となっています。

ベストティーチャーのベストレを使う手順3
正解した時の効果音もあり、ゲーム感覚で楽しめる

「ベストレ」による復習を終えたらスピーキングレッスンの予約を取り、講師とのスピーキングセッションを行います。

ベストティーチャーのベストレを使う手順4

「ライティングタスク」で行われるスピーキングセッションでは、課題でわからなかったところの質問やより良い文章、言い回しなどの指導があります。

ただ、事前にベストレや講師からの添削の見直しなどをした後のセッションとなるため、特に何もなければすぐに終わります。

そのため、余った時間については別のトピックを使ったスピーキングセクションの練習などを行なってもらえます。

Best teacherの公式サイトで詳細を見る

スピーキングレッスンの予約について

オンライン英会話によっては資格試験対策ができる講師の予約が取りづらいということもありますが、ベストティーチャーではIELTS対策が可能な講師の予約も問題なく取れます。

以下はこの記事を作成している日の例になりますが、レッスン開始30分前でも多数の講師が予約可能になっていることをわかっていただけると思います。

スピーキングレッスンの予約について
時間は情報通信研究機構(日本標準時を決定・維持している機関)のものになります

添削について

ライティングの添削を終えないとスピーキングレッスンに進めないこともあり、ライティングの添削にどの程度時間がかかるのか気になる方もいるのではないでしょうか?

ライティングした課題を送信すると、最大で3日程度かかるという内容の画面が表示されます。

ですが、実際のところ毎回数分〜数時間程度で返信が来ます。

ベストティーチャーの公式サイトでは通常数分〜1時間程度で返信があると書かれているのですが、IELTS 対策コースでも同様の時間で返信される印象です。

また、返信は早いだけでなく内容もとても充実しています。

どうやったら短時間でここまでしっかりとした指導ができるのか不思議に感じることもありますが、おそらく講師の質が良いということになるのでしょう。

通常コースの教材について

スキルアップ教材

IELTS対策コースを受講している場合、IELTS向けの教材に加えて通常コースの教材を使うこともできます。

通常コースでは、日常生活やビジネスといった一般的な内容のトピックだけでなく、英文法や発音、写真描写といったスキルアップ教材も提供されています。

スキルアップ教材について

特に自由トピックではショートエッセイで自由作文にも対応してもらえるので、添削してほしい文章がある場合はぜひこちらも活用してください。

自由トピックについて

Best teacherの公式サイトで詳細を見る

留学準備教材

通常コースに含まれる「留学」の教材では、留学した際に考えられる様々なシチュエーション、たとえば先生への質問や授業中に自分の意見を発表する際に必要な英語なども学べます。

日本と違い海外の学校は発言をする機会が多いため、質問をするときの言い回しや単語を知っておくととても役立ちます。

留学予定の人はぜひこちらの教材も活用してください。

留学対策教材の紹介

ベストティーチャのIELTS対策コースがおすすめな人

ベストティーチャーのIELTS対策コースは月額16,500円と一般的なオンライン英会話と比べるとやや高額に感じるかもしれません。

ただ、1日の受講回数の制限がなく、講師の予約も取りやすく、IELTSで学習がしづらいライティングとスピーキングを、IELTSの運営団体のひとつであるIDP監修の教材を用いて、1日数百円程度で学べることを考えると充分に値段以上の価値があります。

そのため、ベストティーチャーのIELTS対策コースをおすすめするのは「本気で」IELTS対策を行いたい人になります。

ベストティーチャーがおすすめの人

本気でIELTS 対策をしたい人

ベストティーチャーの始め方

ベストティーチャーは講座を申し込むに、ライティングとスピーキングを含む一連の流れを無料で体験できます。

そのため、ベストティーチャーに興味を持たれた方は、まずは無料体験レッスンを受講し自分との相性を確かめてみることをおすすめします。

ベストティーチャーを始める手順1

また、無料体験レッスンを受講しても自分で有料会員への登録をしない限り、料金が発生することは一切ないのでお気軽にご利用ください。

ベストティーチャーを始める手順2

なお、無料体験はここから行うことができます。

ぜひIELTS学習にお役立てください。

休会について

IELTS対策は長い学習期間が必要になるため、一時的に学習を中断せざるを得ない状況になる場合があります。

オンライン英会話教室では休会制度が設けられている場合がほとんどですが、ベストティーチャーはいわゆる休会制度を設けていません。

ただ、月額500円の「復習コース」に変更することで、実質的に休会と同じような状況を作ることができます。

以下の記事では復習コースについて解説をしているので、学生の試験期間中や仕事で多忙な時期がある場合などにぜひ利用してください。

まとめ

IELTS対策向けの教材全般に言えることですが、ベストティーチャのIELTSコースはIELTS試験の内容と同等レベルのタスクになるため、やや難しく感じるかもしれません。

ただ、少し難しいと感じる場合でも通常コースのスキルアップのセクションなどを利用しながら、全般的な英語力を上げることが試験対策にもつながります。

実際に使ってみてもらうとわかると思うのですが、IELTSの試験対策をしたいと考える人にとって、ベストティーチャーはこれ以上はないというほどコスパの良い教材です。

IELTSを本気で受験しようと思っている人は、ぜひ実際に使ってみてその良さを体感してください。

Best teacherの無料体験はこちらから

smile globe

IELTSを受験する予定の人は以下の記事もおすすめです。

IELTS対策のおすすめ

*すべて無料体験可能

》ベストティーチャー

IELTSのスピーキングとライティング指導が受け放題

》Cambly

IELTS試験官経験者による指導

》QQ English

IELTS講座の満足度高い。講師は全員有資格者

》My Tutor

IELTS4技能対策が可能!無料個別サポートあり

》ネイティブキャンプ

トピックトークでスピーチ力アップ

》フルーツフルイングリッシュ

英文添削が2回無料体験できる

》IDIY

166円からの英文添削

》Audible

プロのナレーターが読み上げた洋書が聴き放題!30日間無料体験実施中!

関連記事